チンコを大きくする方法として、ペニス増大手術、ペニス増大器具、チントレ、ペニス増大サプリの4つがありますが、当サイトではペニス増大サプリを1番おススメしています。

 

チンコが小さいと、温泉や更衣室でついつい他人と比べて落ち込んでしまったり、いざ女のコと仲良くなっても恥ずかしい想いをしたりしませんか?

 

もしそうなら大丈夫。僕も小さいチンコで同じように悩んでましたけど、解決できましたから笑

 

では、チンコを大きくするのにどんな方法があるのか?

 

それはカンタン。ここで紹介している「ペニス増大サプリ」を活用していくことで、チンコを大きくする効果が期待できます。

 

あとペニス増大サプリと一緒に取り組みたいのが「生活習慣」の改善。

 

他にも、僕が実際に取り組んだ「チンコを大きくする方法」について解説していますので、是非ゆっくり読んでいって下さい(^^♪

 

チンコを大きくする方法はペニス増大サプリが1番おすすめ

ペニス増大サプリに欠かせないアルギニンはアミノ酸の一種で、チンコを大きくするにはには欠かせない成分として、さまざまなペニス増大サプリに配合されています。

 

ペニスが勃起するメカニズムは海綿体に血液が流れ込むことで起こりますが、流れ込む血液の量が多ければ多いほどペニス増大が期待できます。

 

ペニス増大サプリに含まれているアルギニンは、体内で血管を広げる一酸化窒素を生成して血行を改善する効果がありますから、ペニス増大効果が期待できます。

 

また成長ホルモンの分泌にも関わり、男性ホルモンの一種であるテストステロンの分泌量を助け、勃起力や精子の量を増やす効果も期待できます。

 

ペニス増大サプリに含まれているシトルリンは、スイカから発見された成分で血管のコンディションを良好に保つ作用があります。

 

アルギニンと同じように一酸化窒素を生成して血管を拡張してくれますから、勃起力を高めるには効果的です。

 

亜鉛は男性ホルモンの一種であるテストステロンの生成を活性化する働きがありますから、その結果精子の量が増えペニス増大にも欠かせません。

 

マカは豊富な栄養成分を含んだ植物で、アルギニンや亜鉛、強壮宇効果がある成分が豊富に含まれていますから、精力剤にも多く使用されています。

 

ペニス増大サプリは即効性があるわけではありませんから、毎日継続して飲み続けましょう。

 

チンコを大きくする方法では生活習慣の改善も大事

チンコを大きくする方法として、生活習慣の改善も重要になります。

 

成人をピークにペニスの成長はほぼ止まってしまいますが、チンコを大きくするためには「テストステロン」が重要となります。

 

テストステロンは男性ホルモンの一種で、筋肉や皮膚を組成するタンパク質を生み出すという働きがあります。

 

また一酸化窒素を作り血流や血管の健康を維持したり、性欲アップ、ペニスの発育、精子を作るといった効果があります。

 

このテストステロンは、生活習慣の乱れから起こる肥満や睡眠不足、また加齢によっても減少してしまいますから、生活習慣を改善してテストステロンを増やす必要があります。

 

そんなテストステロンを増やすためには、生活習慣の改善とともにスクワットが効果的です。

 

スクワットは下半身の大部分を使用するだけではなく、腰回りの筋肉も使用します。

 

そのため筋肉の成長を促進するために男性ホルモンが大量に向けられるので、テストステロンを増やすことにつながります。

 

またテストステロンを増やすには、亜鉛とタンパク質が必要な栄養素となります。

 

牡蠣や牛肉には亜鉛が豊富に含まれていますから、おすすめの食材といえます。

 

ただいくら亜鉛を必死に摂取しても、ビタミンやミネラルを摂取しないと亜鉛やタンパク質の効果が活きてこないので、生活習慣を改善する一環として栄養バランスを考えることも大切です。

 

ペニスが増大しない人の多くは、食生活が乱れていたり運動不足の場合が多いので、生活習慣の改善と栄養バランスのよい食事をとるようにしましょう。

 

ペニス増大器具でチンコを大きくする方法は、無理せずゆっくりと行うことが大切

チンコを大きくする方法として、ペニス増大器具があります。

 

中でももっともポピュラーなペニス増大器具で「ペニス増大ポンプ」というものがあります。

 

これは筒の中にペニスを入れてポンプを用いてペニスを吸引して大きくするというもので、筒内を真空状態に近づけることで、ペニスがひっぱられ負荷をかけてチンコを大きくしていきます。

 

ペニス増大器具で吸引すると、ペニスを通っている血液が引っ張られ、海綿体に引きずられて動きます。

 

これを繰り返すことで本来定着しない組織に血液を強制的に流し、クセづけすることで陰茎を太くしていくことが可能です。

 

ペニス増大ポンプには手動・電動・水中使用ポンプがあります。

 

手動ポンプはリーズナブルな商品で、取り扱いも簡単というメリットがあります。

 

電動ポンプは手動よりもよりパワフルに利用することができ、勃起力の向上も期待できます。

 

手動に比べると高価ですが、安定してペニスを大きくすることができますし、空気を抜く時の加減も自動でできるというメリットがあります。

 

水中ポンプは入浴中に使用するタイプのペニス増大器具で、血行が促進された状態で使用するためより均等にペニスを吸引することが可能です。

 

お風呂場で使用することができるためローションなども必要ありませんし、毎日使用できるというメリットがあります。

 

チントレでチンコを大きくする方法は3つある

チントレ(チンコ増大トレーニング)でチンコを大きくする方法は大きく3つあります。

 

  • ジェルキング
  • ミルキング
  • PC筋トレーニング

チントレの「ジェルキング」は、血液をペニスの亀頭部分に強制的に送り込んで、それによって海綿体を増大させてペニス増大を得ることができるチントレです。

 

強制的に血液を送り込むので毛細血管を広げてペニス増大をしていくことができます。

 

やり方はペニスの根元を人差し指と親指で作った輪で握り混み、そのまま先端に向けてスライドしていくことで血液を送りこむことができます。

 

元々ペニスはおなか側へ入り込んでいく性質がありますから、ジェルキングによって前に戻すことで、ペニスを増大させることができます。

 

チントレの2つ目、「ミルキング」は逆手にして親指と人差し指でペニスを囲む円を作り、中指から小指までの3指を牛の乳を搾るように順番にペニスを握りこんでいきます。

 

そのまま10秒待つと亀頭へ血液が運ばれて、いつもよりも強い勃起状態を得ることができます。

 

チントレの3つ目、「PC筋トレーニング」は骨盤底筋という筋肉のことで、この筋肉を鍛えることで勃起力改善や勃起維持向上、射精力向上効果を得ることができます。

 

PC筋は肛門と玉袋をつなぐラインを指で触り、その状態で肛門を締めると指にぴくっとする感触があります。

 

それがPC筋の位置となります。

 

鍛え方としては、肛門を締めたりあけるを繰り返すだけと非常に簡単ですから、気軽に毎日継続して行うことができます。

 

ペニス増大手術では通常時のチンコを大きくする方法

ペニス増大手術でチンコを大きくする方法はいくつかありますが、「亀頭増大術」は亀頭のカリ部分を増大することを目的とした手術で、薬剤を亀頭辺縁部に注入することで亀頭外周を15~25パーセント程度サイズアップさせることが可能です。

 

亀頭のカリ部分はセックスの際に重要な働きをしますから、ペニス増大手術でここを強化することで女性の喜びにも直結します。

 

また感度を鈍らせることもできますから、早漏気味の人にもおすすめの治療です。

 

ペニス増大手術である「脂肪吸引術」はペニスの根元に近い下腹部の脂肪を吸引することで、ペニスの長さを出す手術です。

 

埋没陰茎長茎術」は恥骨から伸びている靭帯を弱めることで、本来たいがいにでるはずのペニスを外に出すことができ、ペニス増大をはかることができる増大手術です。

 

ただこの脂肪吸引や埋没陰茎長茎術は埋もれているペニスを外に出して見た目の長さを長くすることはできますが、海綿体の組織を増やすことはできませんから、勃起時のペニスを大きくすることはできません。

 

脂肪注入は下腹部などから余分な脂肪を採取して、それをペニスに注入していくことで物理的にペニスを大きくすることができます。

 

アクリル樹脂やシリコンを挿入する手術は、太さや長さを出すことができる手術ですが、デリケートな場所に異物を挿入しますから、技術力やデザイン力などが必要となります。

 

日本人の平均ペニスサイズは約13cm

男性にとって自分のペニスサイズが大きいのかどうか?は、とても気になるのではないでしょうか。

 

大きければ人前でも堂々と振る舞うことができますが、小さいと自分に自信がなくなってしまうということにつながってしまいます。

 

日本人の平均ペニスサイズは13.56センチで、亀頭の直径が3.53センチ、竿の直径が3.19センチとなっています。

 

一般的に日本人の平均ペニスサイズは15センチと言われていましたが、それに比べると2センチ近く短い結果となっているので、自信を持った人も多いのではないでしょうか。

 

世界に目を向けるともっとも平均ペニスサイズが大きい国は、スーダンの17.95センチで、ペニスの演習は12.79センチという結果がでています。

 

黒人の人は大きいイメージがありますが、南半球に大きい国は集中しています。

 

一方タイはもっとも最小の国で、9.43センチとなっています。また韓国は10.80センチ、中国が13.07センチとなっていますから、日本人はアジアの中では大きい方だといえます。

 

男性にとってはペニスの大きさは重要かもしれませんが、女性にすると大きさよりも硬さの方が重要だと考えている人も少なくありません。

 

男性が思うほど女性はペニスのサイズを気にしていませんから、自分に自信をもって女性とつきあうようにしましょう。